地域情報サイトの成功法|グルメタウン甲府が今アツイ!旅行に行く前に情報サイトを確認!

甲府の夜景

地域情報サイトの成功法

ぶどう畑

地域情報サイトは、その地域に根ざした運営者が、地域ならではの情報を発信するサイトです。提供される情報はグルメやショッピング、観光情報をはじめ地域の話題やニュース、企業の誘致や移住定住の促進に向けた各種優遇制度どさまざま。地域住民向けのサイトもあれば、地域外の人々をターゲットにしたものもあり、運営者の目的によって違いがあります。 サイトを継続的に運営していくには何らかの収益が必要で、主にバナー広告などを掲載することで収益をあげています。安定的な広告収入を得るには、相応のアクセス数を確保する必要がありますが、都市部以外の地域は総じて人口減が続いており、地方経済も厳しい状況です。そのような中で地域情報サイトがアクセスと収益を確保し続けるには、的確な状況分析と戦略が不可欠です。

地域情報サイトを運営している企業や自治体によってそのコンテンツは様々です。そのため、自分にとって有益だと思うコンテンツをいろんなサイトから探すことが大事だと言えるでしょう。 たとえば、同じ1軒の料理屋さんを紹介するにしても、Aという会社が運営する地域情報サイトでは、そのお店の料理の料金、店舗の外観や内装、イチオシの料理が紹介されているのに対し、Bという会社はそのお店までの行き方、イチオシ料理を実際に食べてお店を出るまでのレポートをしているとしましょう。 この場合、お店の特徴や料理の種類や料金を知りたいだけという人はAのサイトを見る方がいいでしょう。しかし、そのお店への行き方や料理の味を知ってから行きたい!という方にとってはBの方が分かりやすいといえます。 このようにサイトによって取り上げている部分が異なるので、いろんなサイトを見る必要があるのです。